結膜下出血

ketumaku
まいったな,疲れからかな~。
この結膜下出血は大して悪さをしないと,ネットに書いてあったので病院に行かなくていいかな~と思っているんだけど・・・
このBlog完全に自虐ネタになってしまっているので,どうしようもないっす。
明るい話題をお伝えしたいのですが,
読み手の方々,すみません。

この頃,年のせいか涙もろいと思っていたのですが,関係ないかな?(違うよね)
子どもにも,ホラー映画みたいと言われ,怖がられています(泣)

とにかく,日本列島寒うございます。皆様も,ご自愛ください。

| | コメント (3)

2005/10/17

久々に,職場復帰。
しかし,さすがにつらかった。1週間体を動かさないと言うことは,様々な筋力が落ちていることなんだと実感した。
地面をしっかり踏みしめていない。しかも,疲れやすいと実感できた。少しずつ,体力を戻していく必要がある。
こんな風であるから,仕事自体は,他の先生たちに分担してもらって,楽をさせてもらっている。大変ありがたいことである。

| | コメント (0)

退院

DSC04809
報告が遅くなりました。一昨日夕方,最後の点滴を終えて,無事退院することができました。
これも,周りで支えていただいた方々のおかげだと,感謝しております。
今後は,自分の体と素直に向き合いながら,価値ある仕事をしていきたいと思っております。
ありがとうございました。

| | コメント (3)

肺炎?

なんで?抵抗力の弱い人がかかる病気と思っていた「肺炎」
かかってしまった?!
昨日から,入院している。
とは,言うももの,2週間前から微熱がつづき,それをほったらかしにしていたことは確かであって,不徳の致すところなのである。
とにもかくにも,早く治し,職場復帰を目指す。
ちなみに病室はこんな感じ・・・
DSC04807

| | コメント (3)

台風後かたづけ

DSC04652
台風一過
今日(2005.9.7)は,晴れた!
濡れた物を外へ
昨日はあまり感じなかったのが臭い
水が引くほどに臭う。何という形容したらよいか分からない。
う~ん。どぶ水と古い書類を掛けた臭い

まぁ,そのことよりも,人海戦術とはよく言った物で,
みんなでやれは,すごく作業が早い。

それから,日本中の方から,激励のメールやコメントをいただきました。
本当にエネルギーになりました。この場を借りて御礼申し上げます。
「ありがとうございました」

| | コメント (1)

台風14号

DSC04633
まいりました。事務所が水没です。
この写真は,まだ水が引いてから撮った物です。電気も電話もない事務所になってしまいました。

今回の台風14号は,長時間の雨・風に,これまでないぐらいの傷跡を残していきます。
これから迎えられるところも,勢いは衰えておりませんね。
十分にお気をつけください。

明日から,どうしよう(泣)

| | コメント (0)

2005/06/07

全国でも行われている教育課程研究集会の係である。
事務所での関わり方も勉強になる。
まずは名簿集めである。各市町村から上がってくる名簿の整理と司会者や記録者,そして指導助言者の確定。
会場の手配から日程案の詰め。毎年同じように開かれているこの会は,名簿の書き方から,日程細部まで固定化されている。実に伝統の集会である。
肝心要なのは,参加者の先生が,教育課程ということを理解して,各教科での内容を掘り下げよりよき実践に結び付けていくかということである。そこの検証かしないでよいのであろうか?そこだけは気になる。

| | コメント (3)

2005/05/24

人権教育推進懇話会が午後から新富町で行われた。その準備のために,10:30には事務所を出る。
朝から,10:00までに起案を2本。
ところで,教育事務所というのは人手が足りない。少ない人数でいかに目的を達成するかたくさんの工夫がある。

| | コメント (0)

2005/05/23

午前中,児湯郡高鍋町立高鍋西中で,体育の研究授業が行われた。
中学2年生バレーボールの授業である。
切り口は,ラリーを続ける楽しさより,ラリーを断ち切る攻撃主体の授業構成だった。
実に面白い,ユニークな発想である。
バレーボールとしての授業という観点からは,問題点はたくさんある。
しかし,別の視点から授業構成しようとする意気込みが伝わってきた。
6年目の先生,今後の活躍が期待できる。

午後から,書類整理と,いよいよ学校訪問の事前打合せが始まった。書類整理に追われ,24:30退庁

| | コメント (0)

2005/05/19

中川塾を終えて一週間
師範である私も変わりつつある。
何が変わるか…「ものの見方である」
同じものを見ても,違う見方をするようになってきた。
これからは,その見方について「気づき」を大事にしてレポートしていきたい。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧